印鑑証明書の準備について


会社設立の手続きは、会計事務所にある程度のことは代行を依頼することができますが、自分でも用意しなければならないことはいくつかあります。その中でも印鑑証明書は重要になり、印鑑を購入していない人は特に事前にチェックしておかないと会社設立まで時間がかかってしまうため、ここでは印鑑についての説明をします。

まず会社を設立する時には書類の提出が必要ですが、ここには創業メンバーの記名や押印、そして印鑑証明書が必要になります。印鑑を用意していないのであれば専用のものを早めに購入しておくことが重要です。印鑑を既に作っている場合は市区町村役場で印鑑登録をすることができ、印鑑証明書も発行できます。印鑑証明書の発行にはあまり時間がかからないため、必要になる1日前くらいに準備しておくといいでしょう。

また、印鑑証明書は会社設立をする時には2通取得しておくといいと言われています。どんな時に必要かというと定款の認証を受ける時と設立登記申請の時の2つです。どちらも印鑑証明書は必要になるので事前に2通は用意しておくとスムーズ化できます。

このように、印鑑の問題も重要になり、一から作るとなると時間がかかるので、会社を設立しようと思っている方は前もって作っておくようにしましょう。

Comments have been closed/disabled for this content.